2017年08月23日

新しい英単語シリーズ


このブログは、ほぼ英語と関係なくなっているのですが
【新しい英単語】にアクセスが多いので、たまには
書こうと思います。

新しい英単語

magnanimous
generous or forgiving, especially towards a rival
or less powerful person.

bulimic
relating to, characterized by, or suffering from
an eating disorder marked by bouts of overeating,
followed by fasting or vomiting.

titillate
arouse (someone) to interest or mild excitement,
especially through sexually suggestive images or words.

peremptory
insisting on immediate attention or obedience,
especially in a brusquely imperious way.

chutzpah
extreme self-confidence or audacity (usually used approvingly).



27050724985_98111e9ea8_c.jpg



猫のようにのびのびしたい…。


posted by yuki at 08:23| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

Children Of Heaven〜発展途上国の子供たち


紹介した映画がブロガーさんに評判良いので
気を良くした私は、また書くことにします。

今日ご紹介する映画は

Children Of Heaven(イラン 1997年)
邦題・『運動靴と赤い金魚』





〜あらすじ
貧しい一家で育つアリーは、妹の靴を修繕してもらった帰りに
行った八百屋の先で、その靴を失くしてしまいます。
妹のザーラに失くしたことを告げますが、その事実を父親に言うことは出来ず
一足しかないアリーの運動靴を、兄妹で交互して履くことにします。
ある日学校のマラソン大会で、三等の賞品がスニーカーと知った
アリーは出場することに決めるのですが…

この映画はイラン映画で初めて、アカデミー賞外国語映画賞に
ノミネートされた作品だけあって、マスターピースです!
(受賞は『Life is Beautiful』でしたが….)
さりげない日常を切り取りながら、イランの貧困層の生活、貧富の差、兄妹、
親子の絆、人間の思いやりなど様々なものが詰まっています。

この監督の絵の見せ方がとても上手いです。まず靴についてですが、
最初のショットが靴の修繕するシーン、アリーの運動靴が溝に流されるのを拾う、
と靴をいかに大切に扱っているかを見せて、ラストのマラソン大会に繋ぐのです。
また子供に厳しいけれど愛情があり、不正はしないお父さん、貧しくても他者への
優しさを忘れない子供たちなど、数々の自然なエピソードで表現されています。
ラストはワンショットで、その後が明示されていて素敵だな〜と思いました。

砂漠に潜む井戸のような、派手さはないけれど、人知れずひっそりと
輝きを放っているような、心が温まる上品な映画なので是非ご覧下さい。

MV5BNzkzM2QzMzUtYTZmOS00YWZhLTliNDktMTk0Y2M0MDYzYzBmXkEyXkFqcGdeQXVyMTQ5ODkzMDk@._V1_.jpg



イランでは規制が厳しいため、子供を主役にした映画が多いそうです。

posted by yuki at 18:20| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月16日

チェコ文学〜暗黒時代の光


最近チェコ文化に目覚めています。

そこでチェコの小説を読んでみようと
取ってみたのが

Bohumil Hrabal
’Too loud solitude’


51YGRUbJwSL._SX331_BO1,204,203,200_.jpg

主人公のハニチャは35年間、古紙を圧縮する仕事に就いています。
その紙屑の中から、ゲーテやニーチェを見つけては
こっそり読むことを楽しみにして、日々を生き抜いていました。

チェコと言えば、第二次世界体験中はナチスに占領され、
戦後はスターリン政権のソ連の支配下に置かれるという
何とも非情過ぎる歴史に翻弄された国なのですが、
その時代に空気が余すところなく書き尽くされています。
100Pちょっとで量としては少ないのですが、内容の重さに
サクサクと読み進めることは出来ず、何度も唸らされました。
暗いチェコの時代に、不条理でグロくて美しい、しかし悲哀に満ち満ちた
読後感に大きな余韻が残る小説でした。
邦訳も出ていますよ!

a0280101_20382121.jpg


チェコのお菓子です!
posted by yuki at 18:52| Comment(0) | 文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。