2017年02月05日

いかんともしがたい文化の壁〜社会編


今まで自分の経験に基づく日本と西洋の比較を
論じてきましたが

西洋は
・インフレで給与に対して物価が高い
・犯罪が多い
・東洋人差別がある
・外食が高い
・サービスが良くない、いい加減

日本は
・デフレで物が安く手に入る
・ご飯が美味しい
・治安が世界一良い
・医療費が安い
・サービスが行き届いている
・好きな野球が観られる(←個人の趣向)
※私が日本に帰省する時は年末年始なので、シーズン・オフなのです(>_<)

とどう考えても、日本の方がメリットが大きいのに

何故自分は外国に住んでいるのか?( ゚Д゚)

その理由は…

西洋社会は変化を求めるからです!


欧州社会は長らく「王権神授説」が支配的であり、
身分制度が続いていました。
しかしジョン・ロックを始めとする、偉大な思想家たちが

「そんなのはおかしいじゃないか!?」

と異を唱えて、時間をかけて社会を変えてきたのです。

科学の発展も同様に、伝統の否定から始まりました。
キリスト教の力が絶大で聖書が聖典の欧州では
「神が世界を作った」という創世記が真実だと思われていましたが、

そこに多くの科学者たちが疑問を持ち始めました。

そして数えきれないほどの思索と実験を繰り返して
自分たちの考えが正しいことを証明したのです。
ガリレオ・ガリレイの『地動説』やチャールズ・ダーウィン
『進化論』は有名ですね。

そのおかげで、今日私たちは文明の恩恵に預かることが出来たのです!

とかなり大きな話になりましたが、日本は逆に変化を求めず
第二次世界大戦を除いて、大きな社会改革を行わないまま
西洋文明を取り入れることで国を発展させてきました。

今でも疑問を封じ込めて社会通念や風習に自分を
適応させることが『物わかりの良い大人になること』と
褒められる場合が多いのではないでしょうか?

もちろん何でもかんでも反論するのではなく、状況を見て
環境に適応して生きていくのが良いケースもあります。

しかしもし自分の信じていることが、自分を幸せに
しないなら、そのまま信じ続けなくてもいいのでは
ないでしょうか?
社会の常識に合わせるのが「生きづらい」と感じている
のであれば、止めてもいいんです。


若くなくても学歴が無くても仕事辞めてもいいんです!

生きていれば、何とかなりまっせ!
(*^^*)


apple-cinnamon-french-toast-4thumb.jpg

フレンチトーストにはまっています♪
posted by yuki at 11:17| Comment(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする