2017年04月28日

海よりもまだ深く〜設定のほころび


ブログに書こうかどうか迷ったのですが、
自分の噓偽りない意見を述べるのが、
私の数少ない長所の一つだと思うので、
書くことにします。

昨日邦画『海よりもまだ深く』(2015年 是枝裕和監督)
を鑑賞しました。

title.jpg


はっきり言ってダメですね。

何がダメかと言うとですね…
阿部寛さん演じる、主人公良多は10年前に一度
小説で賞を取っていて、その成功体験が忘れられず、
今も探偵事務所でパートで仕事をしながら、小説を書いている
のです。小さい頃から国語の成績が良く、出版社から
漫画原作なら仕事があるからやりませんかとオファーがあっても
「自分は小説を書く予定ですから」と断ってるんですよ。
それぐらい作家としてのプライドが高いわけです。
自分の息子にシートン動物記やファーブルを薦めているので、
良書が分かっている人間です。

なのにですよ…劇中で、職場の後輩とこんな会話があったのです。

「危ない綱を渡るって言うだろ」
「先輩、危ない橋ですよ」
「綱も橋も似たようなものだろ」


えー!って感じです。この主人公は作家で言葉のプロなんですよ、その人が
こんな言い間違いするか?(しかも面白くも何ともないし、話に何の意味も
無いセリフです)。

この映画は全体的に生活の小ネタばかり集めてストーリーを作っているので、
テーマを深く掘り下げるというタイプの作品ではありません。
それはそれで理解出来るし、好きか嫌いかは好みの問題で済むと思います。
しかし、作家という設定が崩れるようなセリフを書くのは、
作り手としてかなり不注意ではないでしょうか。
(※もし言葉の言い間違いを書きたいなら、言葉を誤用して
自分の語彙の衰えを感じる、などであれば、設定上OKだと思います)。

私は別に邦画が嫌いなわけではなく、素晴らしい作品が出てきて欲しいのです。
然しながら、プロとして世の中に作品を発表するのであれば、
私みたいなヘッポコが疑問を持ってしまうような、設定のほころびが
見えてしまうのはダメだと思います。
(※もちろん、現実では人間は言い間違いもありますが、ここで
私が言いたいのは、製作者が自ら作った設定を守らないと、その映画の
世界観が壊れるということです)。

物語は雰囲気を伝えるものであっても、書き手は雰囲気で書いては
いけないなぁ、と考えさせられたシーンでした。


kare-udonyoko3.jpg

映画に出てきたカレーうどんは、美味しそうでしたよ。(とちょっとフォロー)

posted by yuki at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

Gloomy Sunday〜陰鬱な時代を生きて


さてさて、今日はドイツ語に堪能なshuさんにおススメのドイツ映画です。

Gloomy Sunday(1999年 ドイツ・ハンガリー)
邦題「暗い日曜日」




 
あらすじ〜

第二次世界大戦のブタペストを舞台に、聴いた人が自殺したくなる曲
「暗い日曜日」にまつわる人々の、数奇な運命を描いたストーリー。

感想

小説の映画化だけあって、時代背景やストーリーの構築がしっかりしています。
ヒューマンドラマですがミステリー要素があり、(ネタバレ防止のため、
詳しい粗筋は書けません)、誰もが満足するラストだと思います。

登場人物を含めた映画全体のトーンがクラシカルで美しく、格調高い上質な
作品を映像にしたら、こんな感じになる、という見本のような映画です。
特にこのヒロインがめちゃくちゃ美人でスタイルもよく、性格が男前なので
美人好きのshuさんのお眼鏡にかなうこと、間違いなしです!

src_10840203.jpg

ブタペスト、こんなに美しい典雅なお城があるのですね〜。
posted by yuki at 20:58| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

Captain Fantastic 〜教育とは何か


去年観て、Jinyさんにおススメしようと思っていた
映画が今、日本で公開されたので、ご紹介します!

Captain Fantastic(2016年 アメリカ)
邦題「はじまりへの旅」



あらすじ〜

10年間、文明社会から離れて森の中で自給自足の生活をしてきた
ベンとその6人の子供たち。しかし妻の訃報を受けて、葬式に
出席するために、一家は妻の実家のある町に行くことになります。
しかし普通の教育を受けずに育った子供たちは、行く先々で
ひと悶着を起こすことになったのでした…。

感想

とにかくオープニングから、映像が凄いです(笑)。
ベンは子供たちを現代社会から隔離して、自力で生きていけるように、
動物を狩る方法(‼)、卓抜な語学力、そんじゅそこらの学生が太刀打ち
できないほどの豊富な知識などを身に着けさせたのですが、それは
子供たちにとって本当に良いことだったのでしょうか?子供の教育と称して
文明に背を向けた生活は、実は親のエゴだったのではないでしょうか?
現代社会と折り合いがつかず、閉ざされたコミュニティーでしか生かされない
『生きる力』ならば、結果として、百害あって一利なし、ということになります。
物語は様々な場面でこのような問題に直面し、ラストで落ち着くところに落ち着く
のですが、無邪気な自然賛美やスローライフ提唱が、危険な面をはらんで
いること、子供の教育の難しさ、家族の繋がりの大切さなど、考えさせられる映画
でした。エンタメとしても見応え十分ですよ♪

d5227cb681f0d1b7df4fc36902bc49cc.jpg

小さい子がこんな姿で生きてたら、びびるわな…(^-^;

posted by yuki at 21:30| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする