2017年08月10日

英語帝国主義


秀才のshuさんがご紹介下さった、英文学者、堀田隆一先生のHP
から見つけた、英語史の本を読んでみました!

Linguistic Imperialism

41hjuyBigaL._SX308_BO1,204,203,200_.jpg

著者のRobert. Phillipsonはスコットランド生まれで、
オランダのアムステルダム大学で言語学博士号取得という、
よく分からない経歴ですが
グローバライゼーションで英語が世界を席巻する状況に
警鐘を鳴らしています。

英語が国際語として選ばれたのは、今の世界がたまたま英国とアメリカが
経済、軍事において力を持っていた結果に過ぎず、決して言語として優れている
わけではないという事実、英語を学ぶことを通して、英語圏の情報を
絶対と思い込み、精神的に植民地状態になってしまうことの危険性を
訴えています。

確かに日本人が英語を勉強するうちに、無意識にアメリカ的な
考えを是としてしまうことはよくありますね。
日本人が日本社会を批判する時に対比に米国を持ってきて
「アメリカでは〜」と言うのはその表れでしょう。

もちろん英語を学んで、視野が広がるのは良いことだと思います。
しかし世界=アメリカ(イギリス)ではありません。
世界には様々な国の文化や物の見方が存在しています。
そしてあくまで英語は言語ツールにしかすぎず、
英語ネイティブスピーカーを人間として優れているかのように
錯覚するのは間違いでしょう。
日本人も無邪気に英語礼賛するのではなく、英語が支配的な時代に
どのようにして日本文化を伝承していくか考えるべきではないでしょうか。

論旨がしっかりしているので、内容がスッキリと頭に入ってきます。
頭の良い人が書く文章っていいですね!

Food-blog-post.jpg


食文化は英語帝国主義じゃなくてホント良かったですよ…。(^-^;
posted by yuki at 20:28| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

いかんともしがたい壁〜イディオム編


このブログで何度も「和訳英語は意味が変わるので、英語は英語で学ぼう!」
とお伝えしているのですが、今日はイディオムについてです!


Don't push your luck


というイディオムがあるのですが、Weblioの和訳を見ると

あんまり調子に乗らないで

いい気になるな 


と書かれています…(^-^;

何かを人にお願いする場合、ちょっと無理めのお願いをしたら
相手から言われる言葉なので、間違いでは無いのですが、
この日本語だとかなりキツイ表現ですよね?
あたかも「ケンカ売ってんのか!テメエ(-_-メ)」と聞こえます…。

実際のニュアンスはちょっと違っています。

例を挙げます。

Mon,Can I get pancake for breakfast?
Sure,I'll make it tomorrow morning.
Really? Can I also get two scooped chocolate ice cream with it?
Don't push your luck

というわけで、実際のところはもう少し軽いニュアンスで
よく使われているフレーズです。

和訳を基に考えると、どうしてもズレてしまい、
ネイティブに誤解が生じてしまうので
意味は出来る限り、英語でチェックしてみて下さいね♪


3.jpg

軽めのカール(オヤジギャグ)、もう東で生産されないのね…。
posted by yuki at 18:26| Comment(2) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月15日

英語の歴史


英語と言えば、インターナショナル・ランゲージとして
世界に認知されています!

しかし大昔はマイナーな言語に過ぎませんでした。
英語はどのような経緯を辿って、今のような地位に
ついたのでしょうか?

そんな英語の歴史を、この本が教えてくれます!

51YYB8ZnIeL._SX329_BO1,204,203,200_.jpg

紀元前までさかのぼり、当時のグレートブリテン島がローマ帝国を始め、
数々の国に支配されてきたこと、外国の支配下に置かれることによって
元の言語は影響を受け、大きく変容したことなど、読み易く書かれています。

過去も今も変わり続ける英語、皆さんも是非読んでみて下さい。

a1c341010aa1a865b967f33d9ebf228872e7bfc0.400x0.none.jpg


イギリスと言えば、バタースコッチですよね❤
posted by yuki at 22:42| Comment(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする