2017年05月11日

いかんともしがたい壁〜会話編


日本語と英語の違いを追究する、いかんともしがたい壁シリーズ!

今回は会話編です☀

雄弁は銀、沈黙は金、と言われますが、
英語圏では黙っていると


「こいつホントに俺の言ってる意味分かってるの?😞」


「内心は不満があるんじゃないの?💢」



などとあらぬ疑いをかけられることになります。

そんなわけで、遠慮せずに自分の意見は言いましょう!

意見には、反対意見と賛成意見があります。

「あなたはAと言ってますが、私はBだと思います。その理由は…」と
相手の意見に対して、反対意見は言いやすいです。


問題は、賛成する場合です!


日本人の癖で「イエス、イエス」と連発してると、
「コイツ、全然分かってないわー」と相手を怒らせてしまいます。


(だって同意なんだもん、
イエスしか言うことないじゃん…😠)


そんなお困りの時には…

相手の言うことを繰り返して言う

パラフレーズを使います!


例を挙げます。

”Don't you think we should modify our new coming product?”

と聞かれた時、

”Yes,We need to adjust it for market”


と相手の言っている意味を変えずに、言葉を変えて答えることで、
単にI think so,I agreeと言うよりも、「分かってるぜ感」が出ると思います♪

類義語を使う練習にもなりますので、是非皆さんもやってみて下さい!


cookie lots.jpg

最近の私のクッキーの消費量が凄まじいです(>_<)
posted by yuki at 17:35| Comment(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

Sorryの使い方

ねずみさんからコメントを頂きました!

sorryのニュアンスも不明です 中学の英語の先生が
「sorryはこちらが完全に悪い時に使うから、
下手に使うと酷い目に合う」 と言っていたと記憶していたのですが、
短期留学中にネイティブの方がちょっとしたことでsorryと言っていたのを
何度か聞いて混乱しました(汗) いまだにsorryの使い方が分かりません(?_?)


どうもありがとうございます。

そうなんですよ!

中学の英語の先生も、ねずみさんが目撃した光景も

どちらも正しいのです!

※Sorryを使ってはいけないケース
自分が大きな損害をこうむる場合です。


有名な例は、自動車の事故ですね。ちょっと車がぶつかって
日本人の「すみません」のつもりでsorryと謝ると、相手から
「じゃあ賠償しろ!」ととんでもない額を請求されたりします。

私がカスタマーサービスの仕事をしていた時も
「クライアントに軽々しくSorryって言ったらダメだよ!
会社の責任かどうか分からない問題で、訴えられたら困るから!」
と厳しく注意を受けました。

(訴訟社会は恐ろしや…)と思ったもんです(-_-;)

その一方で、日常会話では頻繁に使うんですね。

すれ違って人と肩がぶつかった時など
’Sorry’を言わないと、マナーの悪い失礼な人になります。

英語圏ではこのように、柔軟に使い分けているのです。

というわけで、違いをお分かり頂けたでしょうか?
また何か質問があれば、コメント下さいね♪


026_20130212141653.jpg

今日のおやつはマレーシアのお菓子でした!
posted by yuki at 18:39| Comment(4) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

こんなに英語圏と日本文化は違うの巻


固いマジメな話ばっかりでもなく
たまには海外面白エピソードも書こうと思います。

前回、日本と英語圏の文化の違いを記事にしましたが、
今回は実際に私が体験した話を書きます。

昔、コミュニティーカレッジで、歌を習ったことがあります。

全6週間のコースだったのですが、初回のクラスの時
自己紹介と何故このクラスに入ったか理由を一人ひとり
順番に言うことになりました。

「○○です、あの昔から歌が好きで趣味で習いたくて〜」
「歌手の△△みたいになりたくて〜」など
皆さん真面目に答えていました。

そして私の番がやってきました。
先生に促されたので、

私は正直に

「私、本当はスペイン語を習いたくて
スペイン語のクラスに行きたかったんですが
申し込み人数が足りなくてキャンセルになったんです」

「それで、受付の人に『歌のクラスはどう?
歌のクラスに入ったら?』と薦められたので、
このクラスに申し込みました」

と話すと、

そこにいた一同全員大爆笑!(≧▽≦)



日本だったら、「そんなこと言うのは相手に失礼でしょ!」と
怒られますよね、たぶん…(^^;

(多少フランクな方が、西洋ではウケるのだろうか…?)

ということで、文化の違いをハッキリと感じた出来事でした。


b0296855_00091603.jpg

ちなみに私は音痴です…。




posted by yuki at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 英会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする