2017年11月12日

Get out〜リベラルの欺瞞を暴く


映画『Get out』を観てきました!

Get out(2017年・アメリカ/ジョーダン・ピール監督)



〜あらすじ
黒人のクリスは白人の彼女ローズと交際中。
ローズは彼に週末に両親に会いに行くことを提案します。
クリスは躊躇するのですが、彼女の親は黒人であることを気にしない、
とローズに言われて、受け入れることにします。
しかしローズの一家はとんでもない秘密があったのでした…。

感想

オープニングで黒人男性が夜道を歩いていると、突然何者かに襲われて
連れ去られます。ここで「ああ〜これは人種差別がテーマだな」と
読めるのですが、この映画は一筋縄ではいきません。
クリスとローズが実家に向かう途中、運転していた彼女は鹿をはねてしまいます。
クリスが警察にIDを求められて「運転してたのは私で彼は関係ないでしょう!」
反論するローズ。これで彼女は良い子じゃんと勘違いするのですが、実は伏線です。

debate.jpg


彼女の家族に会うのですが、両親も弟も、ちょっと変な人達なのです。
彼らの家には未だに黒人の使用人がいて…と時代錯誤で不穏な空気が
漂います。

MV5BMjI0MDkyMjIxN15BMl5BanBnXkFtZTgwODYwNjUzMTI@._V1_SX1500_CR0,0,1500,999_AL_.jpg
不気味な両親

DGbbVlIXkAAfE03.jpg
おかしい弟

1494430499549.jpg
変な黒人メイド

パーティーが開かれて、次々と客人が来るのですが。
お金持ちの白人のグループが殆どで、黒人はほぼいません。
Screen-Shot-2017-03-03-at-2.24.48-PM.png

若い黒人と年上の白人女性のカップルを見たクリスは、二人の写真を
撮るのですが、そこで今まで穏やかに話していた黒人の彼は
「Get out!」とクリスを怒鳴りつけます。
239552H5.jpg

真相は…?題名『Get Out』の意味は…?

中盤以降は俄然面白くなるので、ネタバレは控えます。
この脚本は実に色々なところに伏線が張ってあり、その上手さに舌を巻きました。
(才能に嫉妬する)

この映画で伝えたかったことは…?

皆さんも上品でリベラルな人達に会ったことはないでしょうか?
彼らは教養がありお金持ちで、マイノリティーに理解を示し
「差別はいけません」と唱えるので、一見寛容で優しい人に見えます。
しかし実際は安全圏から一歩も出ず、序列の上の層から降りることは無く
綺麗ごとを言って笑っているだけです。
トランプ政権も彼らに対する反動として生まれたのではないでしょうか。
そんな白人リベラル層の欺瞞を皮肉った映画とも言えましょう。
何も考えず普通のサスペンスとして見ても、とっても面白いですよ♪

(※評論家もそういう知識層の白人の傲慢さを白日の下に晒した、と
褒めているので、私の解釈が間違っていなくてホッ(^-^;)

get-out-allison-williams-daniel-kaluuya.jpg

getout09.jpg

前半と後半で展開がガラっと変わるので見逃せません!
posted by yuki at 21:49| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。