2017年09月11日

いかんともしがたい壁〜作家編


9/15がコンテストの締め切りなので
更新が適当になり、すみません。

日本語で書く外国人作家、リービ英雄さんが
エッセイに書かれていたのですが

「バカヤロー、お前なんか、文学者じゃない」

という侮蔑を日本の文芸誌で受けたそうなのですが、
それをアメリカ人に伝えようとしても

「文学者」と言う言葉を

英語に翻訳出来ない!


という問題にぶち当たったそうです。

ぼくの理解でいうと、日本語の「文学者」は、文学を研究する人も
文学を批評する人も、文学を創作する人も含まれている。
(中略)
「あいつは文学者じゃない」と日本語で言ったとき、
「あいつは本を何冊書いても何も分っていない」という
ニュアンスもありうるとすれば、
「文学者」たりうるかどうかという判断の中には
どのように書いているかだけではなく、
どのように読んでいるかという資質も問われている。

(「文学者の国に、ぼくがいる」リービ英雄)

このエッセイは、アメリカの記者に
「あなたのアイディンティティーは何なのですか?」
と問われ、「ジャパニーズ・ライター」と答えた後、
”Bungakusya”と言うべきだった…というエピソードで
締めくくっているのですが、

言葉の厳密性を大事にする作家であればあるほど、

実は文化の壁は厚いのだ‥‥と思わされました!


levy.jpg

万葉集を語るインテリ…。
posted by yuki at 15:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コンテストお疲れ様でした!
きっと良いものができたことと思います(^^)

母国語以外で書き、活躍する作家さん(文学者)は、母国語で書く作家さんより苦労も多いかも知れませんが、だからこそきっと、独自の作品を産み出せるのだと思います☆
雪さんもきっと多くの人から支持を得る作品を世に出せますよ♪
応援してます(^^)v
Posted by ねずみ at 2017年09月29日 18:02
ねずみさん、コメントありがとうございます。

>コンテストお疲れ様でした!
>きっと良いものができたことと思います(^^)

いやどうでしょうか…。ギリギリまで粘って何か出来が悪かった
ような気がします。でも挑戦したことに意味がある…(笑)
(オリンピックかい)

>母国語以外で書き、活躍する作家さん(文学者)は、母国語で書く
作家さんより苦労も多いかも知れませんが、だからこそきっと、
独自の作品を産み出せるのだと思います☆
>雪さんもきっと多くの人から支持を得る作品を世に出せますよ♪
>応援してます(^^)v

放置状態なのに、いつもありがとうございます。
なるべく多くの人の心に届くように頑張ります♪
Posted by 雪 at 2017年10月02日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。