2017年08月27日

Underground〜渾沌(カオス)の世界


最近映画ばっかり紹介して、読者さんにプレッシャーを
かけているような気がしないでもないですが…(^-^;

今日ご紹介する映画は、『死ぬ前に観ておけ』リストに
入ると思う名作!

1995年、カンヌ映画祭パルム・ドール受賞作です。

UNDERGROUND
(ドイツ、ハンガリー、ユーゴスラビア、
ブルガリア合作 1995年)




〜あらすじ
第二次世界大戦中のベオグラード、ナチスの爆撃を受け
街は酷い惨状になります。マルコは友人クロと仲間たちを地下に
かくまい、そこで生活しながら武器を密造させることにします。
マルコは武器商人として巨万の富を築きながら、一方で仲間には
「まだナチス占領が続いている、外に出るのは危険だ」と嘘をついて
戦争が終結したことを知らせないままにしました。
冷戦時代に入り、新政権の下マルコは大統領の側近としてのし上がります。
何も知らない仲間は地下で暮らし続けることになるのですが…。

第二次世界大戦から冷戦、ユーゴ内戦、ユーゴ・スラヴィアの
終焉までの50年をユーモラス寓話的で寓話的に描いた作品です。
と言っても、映画内ではプロットのようなものはありません。
全編に賑やかなトランペットの音が鳴り響き、登場人物は
銃を撃ちまくり踊りまくり、喧騒と狂気のカオスです。
2時間50分と長い映画ですが、退屈せずに観られると思います。

監督のエミール・クリストリッツァはボスニア紛争勃発で
「この映画を作らなくてはならない!」と強い使命を持って
制作したそうです。
その情熱が映画の隅々まで感じることが出来ます!
(本当にこんな映画よく撮れたね…どれだけお金かかったのかしら…)

日本は過去に一度も外国の占領下になったことはなく、独自の言語も
文化もそのまま残っていますが、世界にはこのように消えていった国も
数多くあります。そのことを考慮すると、私は日本文化をもっと大切に
しなくてはならないと思うのでした。

とにかく観るべし!

Underground 1995 (2).jpg

飼育係とオランウータンの絆に泣けます…。
posted by yuki at 09:59| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪さん、はじめてコメントさせていただきます‼
申し訳ないですが、日本は過去にアメリカなどの連合国に占領されて、日本製品はmade in japan ではなく、made in occupied japanだった時代があります。間接統治だったので言葉や文化はなくしませんでしたけど。
Posted by poirot at 2017年09月04日 06:37
poirotさん 、コメントありがとうございます。
>
>雪さん、はじめてコメントさせていただきます‼
>申し訳ないですが、日本は過去にアメリカなどの連合国に占領されて、日本製品はmade in japan ではなく、made in occupied japanだった時代があります。間接統治だったので言葉や文化はなくしませんでしたけど。

GHQの占領軍ですね。わざわざありがとうございます。
Posted by 雪 at 2017年09月04日 07:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。