2017年07月22日

普通の人の普通の生活


海外にいると「日本と違うな〜」と思わされることが
たくさんあります。

日本だと住む家があって、家族がいて、普通に暮らすのが
当たり前の生活なんですが、外国の人と話すと
そんな常識が吹っ飛ばされるわけです。

今日はロシアのカップルの方とお話する機会を得ました。
(お二人ともチェスが得意だそうで、微笑ましい…。)
ロシア文学やバレエが大好きな私は、
「あのーロシアって芸術的でいいですよね、バレエとか…」
と何気なく言ったところ、


「うーん、モスクワやセントペテルブルグは

綺麗だけど、実際のロシアはそうでもない」



と答えが返ってきました。

そして彼女の方は、お父さんが子供の頃、家族が一所懸命
働いて建てた家を「家が広すぎる」という理由で
共産党員に没収されたそうです。


(それってリアル・ドクトル・ジバゴやん…)
※1957年に発表された、ロシア革命を批判したパステルナークの小説。





日本は平和でいいですね〜とつくづく実感した一日でした。



matuya.jpg

ロシアのお菓子は可愛い…。
posted by yuki at 21:10| Comment(0) | 生活編 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。