2016年02月27日

C2英検コンペ補完計画

gogakutanさんが毎月開催されている
英検コンペ補完計画・英作文対策です!
毎月、英検用の英作文を書き、皆さんでライティングを向上しようという
画期的な企画です。他の皆さんもどしどし参加して下さいね!

今月のお題は「Should literature be taught in school?」です!

では私のライティングです。

Learning literature in school is perceived to be a worthless
pursuit. Many believe that students should be engaged in
more practical subjects, such as accounting or computer science,
which would be in high demand among students. Students would have
a personal interest in these subjects, which would encourage them
to remain engaged longer.In my opinion, however, the value of
literature cannot be exaggerated.

To begin with, great literature provides students with a wide vision of life. Young students experience little of life and their view of things is
more warped than it really should be. Their weakness of perception
might hamper the way they attain the goal they desire.
Reading literature might illuminate their minds and put them in touch with life.

The goal of education should not just be about offering students the qualifications to go job hunting, it should also provide guidelines to help students form their own lives after leaving school. Life does not consist
of black and white issues, while people usually believe problems have solutions. In most cases, there are no direct answers.Through literature, students are inspired by human dignity in characters, tasting the bitterness of life. The knowledge of literature acquired at school will relieve them of the burdens they have in society.

Lastly, we must not make the mistake of assuming that literature out of date,
or that it is not relevant today.Classic literature has survived
the test of time, and few other sources of information can be as useful as literature.Gaining unaltered knowledge helps us to survive in this fast-paced world.

In conclusion, learning literature in school is beneficial to students not only during their school years, but also in their lives after graduation.

(286字・所有時間30分)

自分からお題を出しておいて、「イマイチやん!(/・ω・)/」
あれだけここで「論点をはっきりさせよう」って書いてるのに
今回はちょっと無理やりだし、結論がさっぱりしすぎてますね…。
はははー(笑いごとじゃねえよ)。

私も日々頑張っていきますので、よろしくお願いします

d339fe21d17fa11665770fda2fb4a5dde427ef69.jpg





お菓子をつまみながら、読書っていいですよねー。
(私こんなんばっかり)
posted by yuki at 04:10| Comment(6) | writing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪さま、はじめまして。a cat と、もうします。

Writing 向上のため、gogakutan さん主催の
「C2英検コンペ補完計画(3月)」に挑戦しましたので、
お知らせいたします。
http://iamacat.seesaa.net/article/434959077.html

基本情報:英検1級
2014年第2回(Writing)20/28(不合格)、
2014年第3回(Writing)18/28(合格)
試験場では、2回とも40〜50分かけたと思います。
練習不足で、とにかく時間がかかりすぎですね。

よろしくお願いいたします。
Posted by a cat at 2016年03月16日 09:01
a catさん、コメントありがとうございます。

ご参加ありがとうございます♪
文章を読ませて頂きました!
これから批評させて頂きますね。
こちらこそよろしくお願いします<m(__)m>。
Posted by 雪 at 2016年03月16日 20:55
雪さま。このような素敵な企画をご紹介してくださり、ありがとうございます! はなはだ僭越ではございますが、答案を拝見しての感想をのべさせてください。

まず、英検1級のルール(推奨200-240 words)で、説得力のあるessayを書くのは、きわめてむずかしいと思います。以下を取り入れるのがきびしいのは重々承知のうえでの感想です。

私の答案と比較して、「構文のvariety」と「表現の英語らしさ」は圧倒的に上ですね。また、30分でこの内容・分量が書けるというスピードも、私とは比べものになりません。さすがです。

このお題に応えるために、「more practical subjects」と「literature」の対比に注目されたのは、偶然にも私と一致しています。個人的には、ここが急所だったのかなと思いました。

気になった点をあえてもうしますと、個々の文は素敵な表現なのですが、literatureのvalueの説明がやや具体性に欠けると感じました。とくに第2段落と第4段落です。英検発表の満点解答例は、もうすこし具体的に書いているようにみえます。

もう一点は、イントロと結論の内容にややズレがあることです。結論で「literatureには(長期的にみれば)、いわゆるpractical subjectsとおなじか、それ以上のbenefitがある」とすれば、ぴったりだったと思います。

もちろん全体としては、われわれ学習者の目標となるレベルだと思います。以上、英語素人の無責任な感想でした。
Posted by a cat at 2016年03月17日 17:03
a catさん、コメントありがとうございます。

ご指摘通り、例と結論は甘いと自分で思います。
まとめる時間が無いので適当になりました。
もっと説明上手になるように表現力を身に
つけたいです!
ただ第4段落目については、具体性に欠けるとは
思いません。変化の速いの時代だからこそ、長く
生き残ってきた文学に価値ある、というのは
抽象的ですが、具体的な内容だと思います。

もっとダイレクトに人に伝わるような
ライティングを書かなくてはならないですね。
ご指摘ありがとうございました。



Posted by 雪 at 2016年03月17日 18:32
素人の分際でたいへん失礼いたしました。
第4段落目についても了解でございます。

当方も、雪さんのコメントをドキドキ(ビクビク?)
しながらお待ちしております……。
Posted by a cat at 2016年03月17日 19:15
a catさん、コメントありがとうございます。

いえいえとんでもないです!勉強に
なりますので、また何かご意見があれば
言って頂けると、ありがたいです。

週末には感想を書くつもりですので、
お待ち下さい。
Posted by 雪 at 2016年03月18日 14:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: