2015年11月07日

Sense and Sensibility

またまた英語好きさんそそのかされて勧められて
Jane Austenの’Sense and Sensibility’を読むことにしましたよ!

昔は「あまりにも退屈な小説やな」と完読せずに投げ出したのですが、
今回読み返してみると、意外に面白かったです〜。

Dashwoodというデカいお屋敷に住む超お金持ち一家がいるんですが、
ここの地主は生涯独身で、まず甥のヘンリー一家を呼び寄せます。
この地主が亡くなった後は、ヘンリーが財産を受け継ぎました。
ヘンリーは前妻の息子と今の妻に娘3人いるわけですが、
自分の死後は息子に財産を譲り渡すことを決めたんですね。
何でかと言うと昔のイギリスなんで家父長意識が高いので
男で長男が財産を継ぐことになるんです。

もちろんお父さんは「娘のこともよろしく頼むぜ」と遺言してるのですが
そんな話は腹黒な息子夫婦はあっさり反故にしてしまい、
「あの人たちを屋敷から追い出してしまいましょうよ」と計画を立てるのです。

このあたりは、財産を巡ってのドロドロは古今東西変わらないなーという
渡る世間に鬼ばかり」的な人間ドラマががあります。

それで追い出される側の娘たちは「誰と結婚するのがいいか?」考えるわけですね。
理性で金持ちの男を選ぶか、感性で好きな男と一緒になるか、
だからこのタイトルなんですね。いや〜さすが名作と言われるだけあって
上手く考えてますね!
(お前さっきジェーン・オスティーン好きじゃないって言ってただろうが…)

今Volume1,113pまで読みましたよ!頑張れば月曜日までには読み切るかしら?
こんなに怠け者なのに、人間やれば出来るもんですねー。
機会を与えてくれた英語好きさんに感謝、感激、梨汁プシャー!

funaCDhivWPUEAAePfa.jpg
posted by yuki at 22:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪さんはじめましてm(__)m英語好きさんとかの他のブログでお名前存じて上げておりましたがご挨拶する機会を逃しておりました。よろしくお願いします!

実は私も雪さんが女性なのか男性なのか不確かでした。(なぜだかはわかりません笑)きっと女性だろうなって思ってたんですが、マカロンの記事で確信に変わりました^^

それで本題です。雪さんは物凄い英語力の持ち主だということを記事や他のブログのコメントで感じております。洋書を読むのもかなり早いようで羨ましい限りです。今までどのくらい読まれたのでしょうか?参考までに教えていただければ嬉しいです。
Posted by UK at 2015年11月08日 20:57
UKさん、初めまして!ずっと更新さぼっててコメントに気づきませんでしたorz。ごめんなさい!

全然すごい英語力の持ち主ではないです。英語好きさんと違って大学生時代は殆ど成績がC+でBを一回取っただけです。

今まで読んだ本は…全く数えていません。作家を目指してから毎日図書館に通って一冊は読んでいました。今は書くためにペースが落ちましたが、英語で2000冊以上は読んでいると思います。

小説、アカデミックな本も合わせてなので、全然大したことはないですが、ご参考になれば幸いです<m(__)m>
Posted by 雪 at 2015年11月15日 13:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: