2017年09月13日

映画を観ました。

観た映画

Intouchables



Memories of murder



まだまだ観てない映画もたくさんあって
観ないといけないなぁと思います。

posted by yuki at 19:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

いかんともしがたい壁〜作家編


9/15がコンテストの締め切りなので
更新が適当になり、すみません。

日本語で書く外国人作家、リービ英雄さんが
エッセイに書かれていたのですが

「バカヤロー、お前なんか、文学者じゃない」

という侮蔑を日本の文芸誌で受けたそうなのですが、
それをアメリカ人に伝えようとしても

「文学者」と言う言葉を

英語に翻訳出来ない!


という問題にぶち当たったそうです。

ぼくの理解でいうと、日本語の「文学者」は、文学を研究する人も
文学を批評する人も、文学を創作する人も含まれている。
(中略)
「あいつは文学者じゃない」と日本語で言ったとき、
「あいつは本を何冊書いても何も分っていない」という
ニュアンスもありうるとすれば、
「文学者」たりうるかどうかという判断の中には
どのように書いているかだけではなく、
どのように読んでいるかという資質も問われている。

(「文学者の国に、ぼくがいる」リービ英雄)

このエッセイは、アメリカの記者に
「あなたのアイディンティティーは何なのですか?」
と問われ、「ジャパニーズ・ライター」と答えた後、
”Bungakusya”と言うべきだった…というエピソードで
締めくくっているのですが、

言葉の厳密性を大事にする作家であればあるほど、

実は文化の壁は厚いのだ‥‥と思わされました!


levy.jpg

万葉集を語るインテリ…。
posted by yuki at 15:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

Lars and the real girl friend〜魂の救済措置


映画『ラースと その彼女』観てみました!

Lars and the real girl(USA 2007年)



〜あらすじ

田舎町に住むラースは、シャイな独身男性。兄夫婦の家の裏で
おとなしく一人暮らしをしています。
ある日ラ−スは兄のガスと妻カリンに「彼女が出来たから紹介する」と
告げます。大喜びする二人でしたが、ラースが連れてきたのは
人形のビアンカだったのです…。

感想(※ネタバレあり)

これは公開当時から知っていたのですが、観るのを躊躇して
いた映画です。ダッチワイフとセックスする人のドキュメンタリーなど
受け入れられなかった私は、積極的に見る気になれませんでした。
(ネットで感想を読むと、そう思っていた人は結構な割合でいました。)
10年経った今は、大人になり許容範囲が広くなったのだと思います。

いざ観てみると、良心的に作られた、内容がある良い映画でしたね。
テーマは真面目に掘り下げてあり、脚本も丁寧です。

まず冒頭からラースが独り者であることに”Are you gay?”
と聞かれるのです。これは西洋社会にいる私にはとてもよく分かるのですが、
西洋の方がパートナー同伴で過ごすことが多いので、交際相手が
いない人間は肩身が狭い思いをします。
兄には”You spend so much time by yourself!”と説教され
大人しい性格のラースには徐々にストレスになっていくのです。
これは日本でもよくあることですが、独身者にとって「いい人いないの?」
という周囲の挨拶代わりのような質問が、当事者にとってはかなり
プレッシャーになります。

ラースは人形ビアンカと恋人関係を持つことで、日々の生活での
ストレスが軽減されます。人に何を言われてもビアンカとの
二人きりの世界が、外界の辛さからラースを守ってくれるのです。
ラースはビアンカに話しかけることで、ほっとくつろぐことが出来て
優しい気質の自分を保っているのです。

329674view005.jpg

「ビアンカは医者に診せる必要がある」という口実で、兄夫婦はラースを
病院に通院させるのですが、担当医にラースは兄の妻にハグされるのが
嫌だということを告白します。
ラースは生身の人間との触れ合いに強い拒否反応があり、
そのために普段から何重も服を重ね着している、と言います。
これはそのままラースが対人関係に持っている壁の厚さを示しています。

larsandtherealgirllrg2.jpg

そして町の人々はラースの異常な行動に理解を示します。
ビアンカをラースの彼女として受け入れて、美容院で彼女の
髪型を変えたり、本を読むボランティアの仕事をさせます。
(実際はその場に座らせて、オーディオブックを流しているだけ
という、町の人の涙ぐましいアイデア)。

bianca-hairdo.jpg


スケジュールが埋まっている彼女に、ラースは動揺し
大人しかった彼が、初めて激しくビアンカに怒ります。
兄の妻カリンは”She has her own life!”と言って
ラースを責めます。
そうです、ラースにとってビアンカはどこまでも自分にとって
癒しであり、都合の良い”人形”で無くてはならず、対等に
付き合う相手ではないのです。自分の知らないところで勝手な
ことをするのは許さないのです。(この辺は妻を一人の人間として
見ないで家に閉じ込めておきたい男性と関係性が似ていると思います)。

そしてラースはビアンカのいない時間に、同僚のマルゴと
ボーリングに出かけます。楽しくボーリングに興じた
ラースは、別れ際マルゴと素手で握手することが出来ます。
人に触られることをあんなに嫌がっていたラースが、
一つハードルをクリアした瞬間でした。

bowling3.jpg

現実の人間関係が苦痛でなくなったラースにとって、
もはや人形ビアンカとの妄想は整合性が取れなくなりました。
ラースはビアンカが重篤ということにします。
ラースが大人になるためには、ビアンカの存在を消す、という
通過儀礼を乗り越えなくてはならないのです。
ビアンカの死は彼にとって必然だったと言えるでしょう。

0286112_25426_mc_tx360.jpg

町の人はビアンカの大掛かりな告別式を行います。
ビアンカはお墓に眠り、ラースはマルゴと新しい一歩を
歩み始めるのでした。

126854008416316301468_lars03.jpg

※ポイント
町の人たちが尋常でない寛大さで、ラースの作った妄想に
付き合うことにより、逆にラースは自分の妄想に終止符を
打つことが出来たのです。
ここは大変勉強になるところです。
私たちはついつい常識で「そんなのおかしいよ!」と社会通念から
逸脱した行動を取る人を断罪してしまいます。
しかし彼らが息苦しい社会で生きることに、行き詰ってしまった末の
行動だとすればどうでしょうか?責めるだけでは問題を解決するどころか、
彼らを余計に苦しめるでしょう。
この町の人ほど優しくなれなくても、少しでも共感してあげることで
ラースのように自力で立ち直るようになるかもしれません。

面白おかしく茶化すことも出来るはずですが、
偏見が持たれないように、きちんと作ってあると思います。
マイノリティー問題についてお手本になる脚本ですね!
こういうところは、海外の映画はさすがです…。
posted by yuki at 19:49| Comment(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする