2017年06月28日

エディターさん

ハイパー投資家Jinyさんのブログから、コメント返しのコメントを頂いたので
抜粋します。Jinyさん(自分が大変な状況の時に)どうもありがとうございます!

雪さんはプロの添削も重要ですが、添削を仕事にしている人というのは
一流ではないように思いますので、そういう点も理解しながら
利用しなければならないですね。頑張ってください、応援しています!



さすがJinyさん

結果を誰よりも出している人は

言うことが違いますね!



実は私もそう思ってたんですよね〜。

今のエディターさんはプロの編集者さんなので
料金も高いですが、ちゃんと話の構成や表現も
チェックを入れてくれて、何より私のストーリーの良さを
理解してくれるので申し分ない方なのですが…

何か足りない…(-_-;)

私をトップに引き上げてくれるもの


私はどんなことをしてもプロになりたいのだけれど、
しかしハンデ(無名、外国人)が付きまとう。

ハンデを乗り越えるためには、他に類を見ない素晴らしい
作品を書かねばならない。

その目的を叶えるために、今のエディターさんで
いいのであろうか?変えてみるべきなんじゃないか?

問題は一流の人というのは、大抵

教える仕事や添削はやってないのですよね。


(そういうことをやるのは第一線を退いてから)。

というわけで、新たな局面を迎えた私でした♪

よくよく考えてみよう…。

chocobar_milk_caramel_02-1024x678.jpg

藤井四段にあやかってチョコを食べたよ!
将棋好きの私♪(ハム将棋しか出来ないけど!)
posted by yuki at 20:09| Comment(2) | 進捗状況 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

A Time To Kill〜ありえない設定、プロット


最近脚本を書いているので、勉強のためにやたらと映画を観てるんですが、
中には酷いものもあるわけです。

それがコレ『A Time To Kill』(邦題『評決のとき』)なわけです。




あらすじ〜

ミシシッピ州で黒人の10歳の少女がお使いに行った帰りに、差別主義者の
白人青年二人にレイプされます。
その後二人は逮捕されるのですが、裁判所に連行される時に、
激情した少女の父親、カールに撃ち殺されてしまいます。
その後カールは二人の殺人罪と護衛の警官を負傷させた傷害罪で逮捕されます。
白人弁護士ジェイクは彼の弁護を引き受けたのですが、それ以降ジェイクに対して
黒人を憎む白人からの酷い嫌がらせが始まるのでした…。

テレビで何度も放送されていたので、ご存知の方は多いかもしれません。
しかし今見たら、めちゃくちゃなプロットですね。
(※ネタバレがあるので、知りたくない人はここから読まないように)


これ一体いつの時代の話なんだよ?

カラーテレビが家にあるってことは、
1965年以降だよね?

いくら黒人の弁護を受けたからって、遺族が
嫌がらせに弁護士の家を放火するか?

そんなことしたらフツーに捕まるだろ?


しかもさ、警官は片足の膝から下を無くしてるのに、


1024full-a-time-to-kill-screenshot.jpg.png


”It was an accident”って証言する

ありえなさすぎる!!!!(>_<)


しかもオチが無罪判決なんですよ!!Σ(゚Д゚)

二人も殺害しといて?

オイオイ、大団円になってんじゃねーよ!




マシュー・マコノヒー、サミュエルLジャクソン、ケビン・スペイシー、
クリス・クーパー、サンドラ・ブロックと豪華な出演陣ですが

2時間半もこんな話を見続けた私は、キレそうでした…。

何でこれが日本で感動名作扱いになっているのか、不思議だ…。
(駄作やん、駄作。)

自分も突っ込まれないように気を付けよう…(^-^;
posted by yuki at 20:25| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

いかんともしがたい壁〜イディオム編


このブログで何度も「和訳英語は意味が変わるので、英語は英語で学ぼう!」
とお伝えしているのですが、今日はイディオムについてです!


Don't push your luck


というイディオムがあるのですが、Weblioの和訳を見ると

あんまり調子に乗らないで

いい気になるな 


と書かれています…(^-^;

何かを人にお願いする場合、ちょっと無理めのお願いをしたら
相手から言われる言葉なので、間違いでは無いのですが、
この日本語だとかなりキツイ表現ですよね?
あたかも「ケンカ売ってんのか!テメエ(-_-メ)」と聞こえます…。

実際のニュアンスはちょっと違っています。

例を挙げます。

Mon,Can I get pancake for breakfast?
Sure,I'll make it tomorrow morning.
Really? Can I also get two scooped chocolate ice cream with it?
Don't push your luck

というわけで、実際のところはもう少し軽いニュアンスで
よく使われているフレーズです。

和訳を基に考えると、どうしてもズレてしまい、
ネイティブに誤解が生じてしまうので
意味は出来る限り、英語でチェックしてみて下さいね♪


3.jpg

軽めのカール(オヤジギャグ)、もう東で生産されないのね…。
posted by yuki at 18:26| Comment(2) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする