2017年03月29日

観た映画

最近観た映画(DVD含む)です。

太陽の目覚め(2015年フランス)



ボブという名のストリート・キャット(2016年イギリス)



ライオン(2016年オーストラリア)



フェンス(2016年アメリカ)



トニー・エルトマン(2016年ドイツ)



結構観てますね。
リクエストがあれば、レビューを書きます。

(やる気無さすぎ…)
posted by yuki at 20:54| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

発掘したバンド


私は新しい音楽には疎くて、あまり聴いてないのですが
アルバムデビューしたばかりのブリティッシュバンドを紹介します。

ギター兼ボーカルのCole StaceyとバイオリニストのJoseph Okee'fe
のユニット

India Electric Company



アイルランド出身らしい、フォークのようなゆる〜いロックです。



Coconut とはメキシカンやフィリピーナのように、肌の色はブラウンで、
中身が白人、という人を指す言葉です。
posted by yuki at 21:36| Comment(4) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

いかんともしがたい壁〜翻訳編


日本と英語圏の文化の壁をお伝えするシリーズ!

日本人は「日本の繊細な感性は、外国人には分からない」
と思い込んでいますが、
その理由の一つは、日本語を英訳する時に、日本文化が
ゴッソリ抜け落ちて、漂白されるからではないか…?

と私は思っています。

例を挙げます。

小林一茶の俳句

露の世は

露の世ながら

さりながら


これを文字通りに英訳すると、こうなります。

World of dew

While world of dew

While thus


うーーーん(^-^;

情緒もへったくれもないですね。

また別の例を挙げてみましょう。

日本人は毎年春になると、お花見に出かけます。

Every year in spring we Japanese have picnic
under the cherry blossom trees.


お花見はピクニックと違うんじゃないか?と思われる方もいらっしゃる
でしょうが、他に該当する適切な訳語が見つかりません。

こんな感じで英訳すると、かなりあっさり風味な文章になってしまい、
「外国人には細やかな日本の心は分からないに違いない」と誤解されて
いるのではないかと思います。

文化を反映させる翻訳って難しいですね…。

ということで、

4月から翻訳の学校に通われる

UKさんの健闘を祈ります!



9f8f37e099f4c8ff2e2a22688925cf10.jpg



日本人が繊細かと言えば、そうでもない…。







posted by yuki at 19:14| Comment(4) | 日本語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする