2015年10月31日

作家になろうと思ったわけ

恥を忍んでせっかくヘタな英文を晒したのに
英語好きさん
「あ〜すごいっす〜(パチパチ」とあたかも幼稚園児のお遊戯を
褒めるような対応をされてしまいました。

「てめえ、この程度で作家になれると思ってんのか!
思い上がりもいい加減にしやがれ!(ピシッ」


としばかれると予想してたのですが、そこはやはり人格者
英語好きさんだけあって、弱いものイジメはしないってこと
なんでしょう。

で、ヘッポコの私が、何故作家を目指すようになったか
その理由の一つは
「こんな英文を書きたいな〜」という憧れの人物がいたから
なのです。

その人とは・・・・

バートランド・ラッセル

今の若い人は知らないかもしれないですが、私が大学生だった10数年前は
必ず良いライティングのお手本として紹介されることが多かったし
日本の英文和訳の試験問題にもよく引用されていました。

私は大学入学当時はILETS6.5で、アカデミックな勉強にギリギリの英語力、
読むのも書くのも、他の人の何十倍もかかっていたのです。
レポートを提出しても40点とか普通でした。最終試験でギリギリパス、
毎回そんな綱渡りの大学生活だったのです。

「このままではヤバイ、ライティングを何とかしなくては…」

そう思って、大学がやっていたライティングのワークショップかなんかを受けたのです。
そこで配られたプリントで、バートランド・ラッセルの文章を初めて見ました。

What I Have Lived For

Three passions, simple but overwhelmingly strong, have governed my life: the longing for love, the search for knowledge, and unbearable pity for the suffering of mankind. These passions, like great winds, have blown me hither and thither, in a wayward course, over a great ocean of anguish, reaching to the very verge of despair.

I have sought love, first, because it brings ecstasy - ecstasy so great that I would often have sacrificed all the rest of life for a few hours of this joy. I have sought it, next, because it relieves loneliness--that terrible loneliness in which one shivering consciousness looks over the rim of the world into the cold unfathomable lifeless abyss. I have sought it finally, because in the union of love I have seen, in a mystic miniature, the prefiguring vision of the heaven that saints and poets have imagined. This is what I sought, and though it might seem too good for human life, this is what--at last--I have found.

With equal passion I have sought knowledge. I have wished to understand the hearts of men. I have wished to know why the stars shine. And I have tried to apprehend the Pythagorean power by which number holds sway above the flux. A little of this, but not much, I have achieved.
Love and knowledge, so far as they were possible, led upward toward the heavens. But always pity brought me back to earth. Echoes of cries of pain reverberate in my heart. Children in famine, victims tortured by oppressors, helpless old people a burden to their sons, and the whole world of loneliness, poverty, and pain make a mockery of what human life should be. I long to alleviate this evil, but I cannot, and I too suffer.

This has been my life. I have found it worth living, and would gladly live it again if the chance were offered me.

何という美しい文章でしょうか!もちろん当時の私の英語力では彼の文章の
深さを読み取ってはいませんでした。それでも言葉の選択、リズム、韻など
ただならぬものを感じ、ガツンと大きな衝撃を受けたのです。

それ以降、私は大学の図書館で彼の本を借りまくり、読みまくり、必死で
暗記するということを繰り返していました。
(注※成果が出ているわけではない)。

ちなみに彼がどんな人生を送ってきたのか知ると、さらにこの文の重みが理解できます。


posted by yuki at 08:48| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月30日

The essay writing in the test

英語力の無さが恥ずかしくって、英語学習者の皆さんが集った英検1級コンペには
参加しなかった私ですが、ライティングだけはやってみましたよ。
英語好きさんがまたこういう無茶ぶりを言ってくれたわけです。”How about we both post our writings on our blogs^^?”「英語好きさんたら、きっと私の下手くそな英文を見て"You can't hold a candle to me!"
とあざ笑うつもりなんだわ…(←被害妄想激し過ぎやで)」と、いつもならこの手の陰謀には乗らない私ですが、書いてみましたよ。

なぜならば、お題が’Can international terrorism be eliminate? ’
で、模範解答が'impossible'だったからなんです!
だってたくさんの無辜の市民が襲撃に遭ってるのに、
どうして’impossible to eliminate
なんて簡単に言っちゃえるんですか!人類が不安と恐怖に怯えて暮らしていくのを肯定出来るんですか?
(試験だし、そんなことは聞いちゃいねえんだよ!)


International terrorism that represents the extreme form of violence is the most formidable enemy of all civilization in the world. In spite of the fact that this phenomenon has been widespread today, we should no longer stay in the shade of despair. The elimination of the terrorism can be done by taking appropriate action.

In the first place, many might insist that human history has been on the brink of the death.The act of violence is a part of human nature.It is true that we seem to have made little difference against countless tragedies created by the evil. I however, believe there are more possibilities of doing good than accepting submissively.

Secondly, we must aim at reducing the economic inequality. It is obvious that terrorism is born out of the poverty. The satisfaction of material well-being for its people suffering is the necessary condition of putting an end to the persistent violence.

Lastly, education is a key factor which society can use as an aid to human development. Those who participate in the terrorism, are deprived of education opportunities. Learning and possessing the knowledge of various kinds broaden people’s mind. Through education they gain a set of moral principles that lead their lives in beneficial ways.

The elimination of terrorism may not be expected to happen in our lifetime.
Yet we continue working together laboriously in the accordance with the faith in humanity,Our effort as the measure of the result will reach desirable outcomes in the future

(※所有時間30分、←キッチン・タイマーで計りました。文字数248字
書いてる途中でところどころ文章を削りまくったので、構成がヘンです。)
というわけで、文法はIt is〜 thatの構文多用で、間違いもそのままです。
単語も易しいやつしか使ってません(笑)。文章も決まりきった定句ばかりで陳腐だし
('the measure of the result'とか)明らかに浮いてる表現もあって
('material well-being'って一回言ってみたかったんだよね〜←小学生?)
内容はツッコミどころ満載で「これ希望的観測で全然問いの答えになってないやんけ」
と自分でも思います。いや〜試験でサラっと書くのってやってないと難しいですね!
英語好きさんはきっと流暢な英語で必要な情報を詰め込んで「なるほど〜」と
読む人を納得させるに違いない・・・・。
私間違いなく英検落ちるわorz
200字で書けって無茶なんだよ!
posted by yuki at 17:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

もうイヤになりました

われらがスター、英語好きさんこの記事で私の話を取り上げてくれたんですが、
全然そんなことなくて自分の英語力の無さに、ほとほとイヤになっています。
ここで「お前英語圏に住んでるのに、英語出来ねーのかよw」ってツッコミが
一斉に入ると思うんですが生まれつき怠惰な上に、救いようのないほどバカな私
(幼児期に階段から落ちて頭打って救急車で運ばれたので、それが原因に違いない…)。
そのくせ作家になりたいという野望とも無謀とも言える(韻を踏んでみました)
大口叩くのだけは一丁前なんですわ。

そう自覚してるのに諦めない理由は

It was sunset,and the great glass dome at the end of the station was blazing
with light.It was glowing yellow and the iron girders and made a pattern across.
I walked along the gazing with rapture at this magnificent blaze of colour.
(’Moment of being’ Virginia Wolf)

美しい流麗な文章に出会うと、「自分もこんな文章が書きたい!」
「世の中に美しいものを伝えたい」という憧れがつのるのです。
Creative writingのCの字も知らない私の無茶ぶりが成功するか否かは
分かりませんが、ここ5年ぐらい頑張っていこうと思いますばい。





posted by yuki at 09:38| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする